若林研究室

研究成果

学術雑誌論文

  1. Shuhei Yamamoto, Kei Wakabayashi, Noriko Kando, Tetsuji Satoh : Twitter User Tagging Method based on Burst Time Series. INTERNATIONAL JOURNAL OF WEB INFORMATION SYSTEMS, Vol.12, Iss.3, pp.292-311, 2016.11
  2. 野沢 健人, 若林 啓 : トピックモデルに基づく大規模ネットワークの重複コミュニティ発見. 情報処理学会論文誌データベース(TOD), Vol.9, No.2, pp.1-10, 2016.6
  3. 若林 啓 : HHMM変換を用いた左非循環PCFGの高速推論. 情報処理学会論文誌データベース(TOD), Vol.8, No.1, pp.45-54, 2015.3
  4. 若林 啓 : 部分統語構造を考慮した階層的確率オートマトンに基づく教師なしチャンキング. 情報処理学会論文誌データベース(TOD), Vol.7, No.2, pp.61-69, 2014.6
  5. 若林 啓, 三浦 孝夫 : 階層型隠れマルコフモデルの高速パラメータ推定. 電子情報通信学会論文誌, Vol.J94-D, No.9, pp.1541-1550, 2011.9
  6. 若林 啓, 三浦 孝夫 : 共起語を利用した事象系列に基づくトピック推定. 日本データベース学会論文誌, Vol.7, No.1, pp.79-84, 2008.6
  7. 若林 啓, 三浦 孝夫 : HMMを用いた文書における事象系列の推定. 日本データベース学会Letters, Vol.6, No.3, pp.17-20, 2007.12

査読付国際会議録論文

  1. Kento Nozawa, Kei Wakabayashi : Scalable Algorithm for Probabilistic Overlapping Community Detection. Workshop on Scholarly Web Mining, The Tenth ACM International Conference on Web Search and Data Mining, 8 pages, 2017.2
  2. Yuto Hoshikawa, Kei Wakabayashi : Automatic Extraction of Discussion based on Sentence Type Estimation. Proceedings of the 20th ACM Conference on Computer-Supported Cooperative Work & Social Computing, pp.203-206, 2017.2
  3. Kei Wakabayashi, Johane Takeuchi, Kotaro Funakoshi, Mikio Nakano : Nonparametric Bayesian Models for Spoken Language Understanding. Proceedings of the 2016 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, pp.2144-2152, 2016.11
  4. Shuhei Yamamoto, Kei Wakabayashi, Noriko Kando, Tetsuji Sato : Who are Growth Users?: Analyzing and Predicting Intended Twitter User Growth. Proceedings of the 18th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, pp.66-73, 2016.11
  5. Shuhei Yamamoto, Kei Wakabayashi, Noriko Kando, Tetsuji Satoh : BUTE: Bursty Users Tagging Method Estimated by Time Series Data. Proc. of The 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, pp.148-156, 2015.12
  6. Kei Wakabayashi, Takao Miura : Forward-Backward Activation Algorithm for Hierarchical Hidden Markov Models. Advances in Neural Information Processing Systems, Vol.25, pp.1493-1501, 2012.12
  7. Kei Wakabayashi, Takao Miura : Topology Estimation of Hierarchical Hidden Markov Models for Language Models. Proceedings of the 15th International Conference on Applications of Natural Language to Information Systems, Lecture Notes in Computer Science, Vol.6177, pp.129-139, 2010.6
  8. Kei Wakabayashi, Takao Miura : Data Stream Prediction Using Incremental Hidden Markov Models. Proceedings of the 11th International Conference on Data Warehousing and Knowledge Discovery, Lecture Notes in Computer Science, Vol.5691, pp.63-74, 2009.8
  9. Kei Wakabayashi, Takao Miura : Topics Identification Based on Event Sequence Using Co-occurrence Words. Proceedings of the 13th International Conference on Applications of Natural Language to Information Systems, Lecture Notes in Computer Science, Vol.5039, pp.219-225, 2008.6
  10. Kei Wakabayashi, Takao Miura : Identifying Event Sequences Using Hidden Markov Model. Proceedings of the 12th International Conference on Applications of Natural Language to Information Systems, Lecture Notes in Computer Science, Vol.4592, pp.84-95, 2007.6

国内会議録論文

  1. 福田 拓也, 若林 啓 : 雑談システムにおけるTwitterデータからの統計的バックチャネル応答抽出手法. 第31回人工知能学会全国大会論文集 (JSAI), 4 pages, 2017.5
  2. 平松 淳, 若林 啓 : 系列ラベリングによる自然言語文からの上位下位関係自動抽出. 言語処理学会第23回年次大会論文集 (NLP), pp.601-604, 2017.3
  3. 星川 祐人, 若林 啓 : ソーシャルメディアにおける議論の抽出手法の提案. 第9回Webインテリジェンスとインタラクション研究会予稿集 (WI2), 6 pages, 2016.12
  4. 野沢 健人, 若林 啓 : ランダムウォークによる擬似文書を用いたトピックモデルの学習. 第19回情報論的学習理論ワークショップ予稿集 (IBIS), 7 pages, 2016.11
  5. 田中 千尋, 若林 啓 : Twitterの本文要素を用いたイベント視聴動向の推定. 第8回Webインテリジェンスとインタラクション研究会予稿集 (WI2), 2 pages, 2016.6
  6. 功刀 雅士, 若林 啓 : コンテキストを考慮した非タスク指向型対話システムの構築. 第30回人工知能学会全国大会論文集 (JSAI), 4 pages, 2016.6
  7. 福田 拓也, 若林 啓 : 雑談システムにおけるトピックの関係性を考慮した発話選択手法. 第30回人工知能学会全国大会論文集 (JSAI), 4 pages, 2016.6
  8. 柴田 尚樹, 若林 啓 : Closed class に着目した教師なし品詞タグ推定性能向上の検討. 第30回人工知能学会全国大会論文集 (JSAI), 4 pages, 2016.6
  9. 野沢 健人, 若林 啓 : トピックモデルによる分散表現の獲得手法の提案. 言語処理学会第22回年次大会発表論文集 (NLP), pp.621-624, 2016.3
  10. 星川 祐人, 若林 啓, 佐藤 哲司 : Twitterにおける会話内容を用いた親密度推定手法の評価. 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 7 pages, 2016.3
  11. 井上 優作, 若林 啓 : 表記の多様性を考慮したハッシュタグ推薦. 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 7 pages, 2016.3
  12. 野沢 健人, 若林 啓 : トピックモデルに基づく大規模ネットワークの重複コミュニティ発見. 第8回Webとデータベースに関するフォーラム論文集, pp.88-95, 2015.11
  13. 山本修平, 若林 啓, 神門 典子, 佐藤 哲司 : バースト時刻に基づくユーザのタグ付け手法の提案. マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム論文集, pp.1328-1334, 2015.7
  14. 久保田 豊久, 若林 啓 : 統計的意味論に基づく概念的類似度獲得手法の評価. 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 7 pages, 2015.3
  15. 星川 祐人, 若林 啓 : 同時進行性のあるチャット対話における発話タイプ推定. 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 7 pages, 2015.3
  16. 山本 修平, 若林 啓, 佐藤 哲司 : バースト時刻に基づくフォロー先ユーザ推定手法. 第7回Webとデータベースに関するフォーラム論文集, 8 pages, 2014.11
  17. 篠塚 敬介, 若林 啓 : 異なる環境に適用可能な知識を考慮した強化学習手法の構築. 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 8 pages, 2014.3
  18. 若林 啓 : 階層型HMMに基づくフレーズ生成トピックモデルの提案. 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 7 pages, 2014.3
  19. 若林 啓 : 部分統語構造を考慮した確率オートマトンに基づく教師なしチャンキング. 第6回Webとデータベースに関するフォーラム論文集, 7 pages, 2013.11
  20. 若林 啓 : 確率オートマトンに基づく確率文脈自由文法モデルの推論. 電子情報通信学会総合大会論文集, 1 pages, 2013.3
  21. 若林 啓, 三浦 孝夫 : 確率過程モデルに基づく自然言語の階層的句構造推定. 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 6 pages, 2012.3
  22. 若林 啓, 三浦 孝夫 : 階層型HMMの高速パラメタ推定. 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 6 pages, 2011.3
  23. 若林 啓, 三浦 孝夫 : 頻出部分文字列に基づく階層型隠れマルコフモデルの構造推定. 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 6 pages, 2010.3
  24. 若林 啓, 三浦 孝夫 : 差分型HMMを用いたデータストリームにおける時系列データ予測. 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM), 5 pages, 2009.3
  25. 若林 啓, 三浦 孝夫 : 共起語を利用した事象系列に基づくトピック推定. 第19回データ工学ワークショップ論文集 (DEWS), 6 pages, 2008.3
  26. 若林 啓, 三浦 孝夫 : HMMを用いた文書における状況系列の推定. 第18回データ工学ワークショップ論文集 (DEWS), 6 pages, 2007.3